1. ホーム
  2. 自転車デビューするなら

自転車デビューするなら

男の子

バランス感覚を養って

3歳を過ぎたころから、三輪車から自転車へデビューする幼児が増えます。ただ、自転車に乗るためには、三輪車と違ってバランス感覚を養う必要があります。近年、バランスバイクなどと呼ばれる、ペダルなしの自転車が流行しています。2〜3歳の幼児が乗るものですが、足で地面を蹴って前に進むバイクなのです。これがバランス感覚を養って自転車に乗るのをスムーズにするといわれています。ただ、この商品にはブレーキがなく、公道を走ることができません。スムーズに自転車に乗れるようにしてあげたいなら、へんしんバイクがおすすめです。へんしんバイクは、バランスバイクとペダルが一式セットになっているステップアップタイプの自転車です。ブレーキも付いており、バランスバイクで感覚を養ったら、ペダルを付けて自転車に変身するという商品です。

2台購入するよりお得

へんしんバイクは、バランスバイクとして使用している期間もブレーキが付いているので、バランス感覚を養いながら、ブレーキで止まる練習もできます。ブレーキの他、ベルや前後反射板、フルカバーチェーンなど安全面の装備もきちんとしています。サドルも3歳平均の股下から、6歳平均の股下のサイズまで伸ばすことができるので、身長に合わせて調整することができます。また、一般的な自転車の半分ほどの重量となっているので、力が弱かったり、小さい子どもの場合でも安心です。バランスバイクと自転車を2台購入するより経済的で、へんしんバイクを1台購入する方が一石二鳥でお得です。何よりの魅力は、30分程度で自転車を乗りこなす子どもも多く、辛い特訓なしで自転車デビューすることができるということです。