1. ホーム
  2. 自転車を練習する子へ

自転車を練習する子へ

女の子

たった30分で乗れます

子どもはある程度の年齢になると、自転車に乗るための練習をします。補助輪を外すときの練習は、なかなか時間がかかりますよね。ですが、最近は画期的なものがあります。皆さまは「へんしんバイク」というものをご存知ですか。3〜6歳用の自転車なのですが、これを使って練習すると、たった30分で乗れるようになってしまうというのです。へんしんバイクには、そもそも補助輪がついていません。はじめはペダル部分がない自転車のような状態で地面を蹴って進み、すぐにバランスをとる練習から入ります。それに慣れてきたら今度はペダルを取り付け、完全な自転車の状態にしてペダルをこぐ練習をします。たったこれだけで乗れるようになってしまうのです。

楽しくマスターできます

このへんしんバイクは、遊び感覚であっという間に上達できるところが人気の理由です。自分が子どもの頃、自転車の練習をしていたときを思い出してください。それまで頼っていた補助輪を外してしまうと、急にバランスがとれなくなって不安でしたよね。また、転んでケガをするかもしれない恐怖心もあり、なかなか練習をする気になれなかったという方もいることでしょう。へんしんバイクは補助輪がついていませんので、使い慣れたものを取り外される不安もないですよね。そして30分で乗れるようになるなら、従来のように長期間練習する必要もなく、飽きっぽい子どもでもきっと楽しんでマスターできます。これから自転車を練習されるお子さんに、大変オススメです。